PVC素材のヨガマットは臭い?

ヨガおすすめマット

みなさんこんにちは!ちゃんあいです!

今日はPVC素材のヨガマットについてお話ししていきたいと思います!

PVC素材のヨガマットは安価でお求めやすく、軽くて持ち運びに便利!なイメージですが、臭いがキツイ!なんていう声もたまに聞きますよね?

今日はそんな疑問と悩みに向き合って、みなさんのヨガマットを選ぶ一つの参考になればと思います。

そもそもPVC素材って?

塩ビ(ポリ塩化ビニル・PVC)は、熱可塑性の非結晶性プラスチックです。
塩化ビニルを重合させたプラスチックの一種で、重合度により用途が異なります。
五大汎用樹脂の1つで、安価で汎用性の高い素材です。

湯本電気株式会社HP

これだけでは少し分かりづらいのですが、要するに

これまで紫外線などの弱かった塩化ビニルの弱点を補い、強度があり加工しやすい材質です。

大量に生産することが可能になったので、値段も安価になったということでしょうか。

強度がある!これは結構重要!

そして何よりも強度があるというのがとても重要ですね!

私もPVC素材のヨガマットはいくつか持っていますが、ボロボロになったり、破れたりなんてことは今まで1度もありません。

こちらは5年前に購入したヨガワークスのPVC素材ヨガマットです。もう5年経ちますが折れたり、傷があったりは全然ありません。本当に丈夫です。

こちらは8年前に購入したスリアの同じくPVC素材のヨガマットです。全く汚れや傷がありません。本当に丈夫です!

これはヨガマットを購入する上で重要な判断基準になりますよね!

匂いが気になるものもあったのは事実

私がこれまでにPVC素材のヨガマットを買って、匂いが気になるものも実はありました。

ゴムの匂いというか、なんとも言えない独特な匂いでした。

最初は教室で使う時も少し気になりました。

その後は徐々に慣れてきて、匂いも気にならなくなりました。

でも私は我慢できましたが、この匂いが我慢できないという方はいると思います!

もちろんPVC素材でも臭くない、気にならないものもある!

全てのPVC素材のヨガマットが臭うわけではありません。

私が実際に購入したマットも臭わないものもたくさんありました!

では匂いが気にならないマットを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

実際に嗅いでみる

当たり前のように感じますが、これが一番早いし確実な方法です。

ヨガマットは床をキャッチする摩擦力や、ポーズをとる際のグリップ力、姿勢を保つための厚さなどそれぞれの要素を考えて購入するべきです。これの詳しい記事は今後かいていきますね。

しかし、臭いが合わなかったらヨガに集中できません!

気持ち悪くなってしまってレッスンを途中でやめなくてはいけなくなってしまいます!

そうならないためにも、まずは詳しい詳細は抜きにして実際に臭いを嗅いでみることをおすすめします。

臭いを嗅げない場合は?

購入時ビニールに入っていて臭いを嗅げない、ネット通販で購入したから実際に手に取るまでわからないという場合もあると思います。

そういう時の対処法をお伝えします。

私の経験上、ビニールの臭い自体は時間と共に徐々に薄れていきますが、早くマットを使いたいという方もいると思います。

そのためにはまず

風通しがよく、直射日光の当たらない場所(できれば屋外)で干すのが良いです。

あまり長く干すと品質が変わってしまう可能性もあるので、1〜3時間程度がいいと思います。

これを何度か繰り返すと通常保管しているよりも早く独特な臭いがなくなる可能性があります。

私はこの方法でだいぶ臭いが低減できました。

それでも品物によってはなかなか臭いが取れないものもあるので注意してください!

PVC素材のヨガマットで注意すること

PVC素材のマットで一番注意していただきたいのが水です。

水洗いに注意!

PVC素材は水分を吸収しやすいです。

ですので水でじゃぶじゃぶ洗うことをしてしまうと、品質が著しく低下します。

私も最初汗を大量にかいてしまったため、マットを水洗いしてしまったことがありました。

日陰干したのですが、マット本体がゴワゴワになってしまい、使えないことはなかったのですがやはり綺麗に収納できないなどの不具合が出てきてしまったことがあります。

汚れが気になるときは水拭きなどで軽く拭き取る!

水洗いするとマットの寿命を短くしてしまうこともあるので、普段のお手入れは水で濡らしたタオルなどでサッと軽く拭き取るようにしましょう!

PVC素材がそもそも麻などと違って拭き取ることで落ちる汚れが大半です。

また、汗をたくさんかいても拭き取る程度にするだけでも臭いや汚れもそこまで気になりません。

それでも臭いが気になるという方は、好きなアロマスプレーなどを吹きかけるのもいいかもしれませんね!

まとめ

これからヨガを始める方は、安価で取り扱いやすいPVC素材のヨガマットはおすすめです!

しかし、ゴム臭などの臭いが強い製品もいくつかあることも事実です。

デザインや、重さ、グリップなど購入する判断基準はたくさんあります。

その中で、「匂いだけが気になる」というのはもったいない!

そんな時はこの記事でお伝えした方法をぜひ試してみてください!

それでは次回の記事でお会いしましょう!ちゃんあいでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました