ヨガをすると下痢になる?

インストラクターヨガ講座

みなさんこんにちは!ちゃんあいです!

今日のテーマは「ヨガをすると下痢になる?」です!

実は以前ヨガインストラクターをしていた時、生徒さんに相談されたことがあります。

「ヨガを始めてから下痢になったんです。やり方が悪いのでしょうか」

私もこのような悩みを相談されたことは始めてだったので、真剣に向き合うことにしました。

下痢をする原因は様々!ヨガが原因とは限りません!

下痢をしてしまう原因は様々あります。

「ヨガをしたから下痢になった」と簡単に結論づけることは危険です。

下痢になってしまう原因は様々あります。

下痢になってしまう様々な原因

  • 生ものや古くなった食べ物を食べてしまった
  • 胃腸炎や胃潰瘍などの消化器系の疾患
  • ストレス性の過敏性腸症候群
  • お腹を冷やしてしまった
  • 婦人科系の疾患がある
  • 家族の方も同じような症状がある(食中毒など)

このように下痢になってしまう原因はたくさんあり、このリスト以外にもまだあるはずです。

激しい腹痛を伴う下痢は早期に医療機関受診を!

まずヨガをした直後に下痢になったとしても、ヨガをしたからと簡単に決めつけることはなく、心配であれば早期に医療機関を受診することをおすすめします。

ヨガをすることで腸が活性化し、軟便になったり、最悪下痢になったりする可能性はゼロではないと思います。

しかし、下痢が続くようならまずは医療機関を受診し、根本的な治療をしっかりしましょう。

原因がわかれば解決策は必ずありますので、しっかりと治療していきましょう!

ヨガで消化器官を活性化する!

ヨガには色々なポーズがありますが、その中でも消化器官を活性化するポーズがいくつかあります。

普段から下痢が続いてしまっていたり、お腹が弱い方はこれからご紹介するポーズを少しずつ取り入れて自宅でチャレンジしてみてください!

注意していただきたいのは、このポーズをしたからといってすぐに劇的に症状が改善するということはなく、継続していくことでその効果を実感していくということです。

筋トレなどもそうですが、何事も継続です。

少しずつ継続していくことで、体も徐々に変化していきます。

毎日気長にやっていくくらいの気持ちでやっていきましょう!

消化器官を活性化するポーズを2つ紹介します!

鋤(すき)のポーズで消化機能を高めよう!

このポーズ、よく柔道などの準備運動で取り入れているのをみたことがある方もいるかもしれません

鋤のポーズの効果
  • 肩こりを改善させる
  • 腰痛を緩和する
  • 内臓の働きを高める
  • 消化機能を高める

逆に鋤のポーズにはやってはいけない(禁忌)もありますので併せて確認していただき、当てはまる人は別のポーズを試してください。

鋤のポーズ 禁忌
  • 首のトラブル
  • 高血圧
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 整理中

始めて鋤のポーズをするときは背中に負担がかかることもあるので、背中の下にブランケットを敷き、ブランケットと床の境目が首の真下にくるように位置を調節してください。

そうすることで背中や首への負担が軽減されます。

また、写真では両手はまっすぐ伸ばしていますが、辛ければ両手を腰に添えてサポートすることでやりやすくなります。

また、足もまっすぐではなく、肩から腰までを垂直に立てていれば、両膝は曲がっていてもOKです!

支えのある肩立ちのポーズで内臓の働きを高める!

先ほどの鋤のポーズから、両手で背中を支えながら両足をまっすぐ天井に伸ばしたようなポーズです。

こちらも効果や禁忌もそれぞれありますので確認してみましょう!

支えのある肩立ちのポーズの効果
  • 内臓の働きを高める
  • 消化機能を高める
  • 肩、腕、背中を引き締める
  • 太もも、お腹を引き締める

内臓の働きを高める以外にも身体を引き締めるなどの効用もあり、やってみる価値は十分ありそうです。

続いて禁忌です。

支えのある肩立ちのポーズの禁忌
  • 高血圧
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 首のけが

このポーズをする際も、背中や首の負担を減らすために背中にブランケットを敷いて行いましょう。

注意してほしいことは

  • 息を吸い続けながら、左足を右足にそろえます
  • 目線はおへそに向けます
  • この姿勢を3呼吸キープします
  • 両手で腰をサポートしながら、両足を天井へまっすぐに伸ばします。

痛みが出る前、違和感が出たらすぐに中止してください!

これらのポーズは色々な効果が期待されますが、同時に首や背中に負担がかかってしまうことも事実です。

不安な場合は一人でやることは絶対にせず、ヨガレッスンなどで講師の指示のもとチャレンジしてください。

また、その際に痛みや違和感が出てしまった場合はすぐに医療機関を受診してくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヨガをすることでお腹の調子が悪くなった、下痢になってしまった。

実際にそういう生徒さんたちもいました。

しかし、必ずしもヨガが原因で下痢になっていたという生徒さんはほとんどいませんでした。

スタジオが寒かった、元々体調が悪かった、ストレスを抱えていたなど色々な原因がありました。

ヨガをすることで内臓の働きが活性化し、突然下痢になることも可能性はゼロではないと思います。

しかしその時はまず医療機関を受診して、医師の判断に従ってください。

今日お伝えしたポーズで内臓の働きを高め、腸内環境を改善し、より良い毎日を送っていただけたら幸いです!

それでは次回の記事でお会いしましょう!ちゃんあいでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました